最近のトラックバック

ついったー

無料ブログはココログ

« ターフを彩る~札幌競馬場ターフ・イルミネーション2010 | トップページ | 小さな街の煌めく光~三笠幾春別開拓記念広場 »

2010年12月13日 (月)

美唄・こはれで腹いっぱい食べよう!

2010121104 空知ドライブをよくします。行きたかったんです。美唄のこはれさんです。え?今って札幌にもお店あるの?まぁいいじゃない。本場で食べるからこそ、っていうもんです。今までのそばの概念を覆す驚きの内容(大袈裟??)

で、

画は塩そばです(700円)
とことん地元美唄にこだわった内容。鶏は美唄地鶏。そばは美唄産。鶏がらスープのあっさり塩味で食べるおそばっていうのは、なんとも新鮮。手前の黒七味をかければよりスパイシーに。そして梅肉をいれればこれまた後味さっぱり。食べ方も変えられるあきのこない一杯。こ、これはうまい!っていうか、ネギたくさんでそばが見えませんけどね。

2010121103 辛い物が好きな方は、こちら。
赤からそば(780円+大盛150円)
特製ラー油のピリリとしたからさが寒い日には本当あいます。もちろんわたくしは、こちらを食べました。からさが足りなければ備え付けのラー油を足してください。そして、途中から別皿のしょうがをいれると、これまたホットさ倍増。しかもスープもどんどんいけます。スープカレーでもあっさりからいのが好きな自分としては、これはヒットですよ。

2010121102 地鶏の一品料理もありますよ。
これは、地鶏炭坑焼(850円)さすが、炭鉱街美唄のネーミング。いわば地鶏のサイコロステーキのような感じ。コロコロしてるのが石炭とかけているってことでしょうか。他にも、鍋料理あり、他にも気になるメニューがたくさんだなぁ。またいくのが楽しみです。はい。

2010121105 こはれ

美唄市東5条北11丁目3番地

営業時間 11:30~14:30
       17:00~21:00

定休日  月曜日(祝日除く)

駐車場は広々です。国道12号線を旭川方面へ行くと、美唄市癸巳町の交差点あたりの右手にお店の看板が出てました。その看板が目印ですね。

 

« ターフを彩る~札幌競馬場ターフ・イルミネーション2010 | トップページ | 小さな街の煌めく光~三笠幾春別開拓記念広場 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ(^^)
美唄はやっぱり鳥のイメージが強いですね。
昔は良く美唄地鶏を使った焼き鳥屋に行っておりました。

塩そば。中華そばのそばですよね。
それとも本当に蕎麦屋さんのそばですか??
イメージは中華そばのそばなんですけどね。
でも、年越しそばと言う看板があると言うことは、蕎麦屋さんですよね。

>ブルースカイさん
そうですよねぇ、美唄といえば焼き鳥、とりめし
鶏がいれば卵もあって、その鶏から出汁もとれる
ムダにしてませんよね。
そう、こちらのお蕎麦、お蕎麦屋さんのそばなんです。
そういう意味ではいい感じでイメージを覆されました。
普通に天ぷらそばとかもありますけど、塩そばは
やはりこちらの元祖なんだとか。美味しかったです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美唄・こはれで腹いっぱい食べよう!:

« ターフを彩る~札幌競馬場ターフ・イルミネーション2010 | トップページ | 小さな街の煌めく光~三笠幾春別開拓記念広場 »

最近の写真