最近のトラックバック

ついったー

無料ブログはココログ

« 棗やに行ってきた | トップページ | 走れ!トロッコ!!~三笠トロッコ鉄道 »

2010年5月27日 (木)

る.る.る.そらちの大発見!その④~歌志内・郷土館ゆめつむぎ

しる、みる、わかる、のそらちをめぐる発見の旅。今日は、日本で一番人口の少ない市、歌志内市にある、郷土館ゆめつむぎです。
07 あ、館内の撮影は、許可いただきました。ありがとうございます。さて、歌志内市も炭鉱が栄えた街、当時石炭採掘に使われた器具類が展示されております。ながーく突き出してる、オーガードリルや、コールピックといった道具なども展示されております。
あとは、歌志内市にゆかりのある、作家の方たちの紹介とかもありました。歌志内市出身の芥川賞作家、高橋揆一郎さんや、この地の小学校で初赴任をしたという作家の三浦綾子さんなど、これだけ小さい街でも、これほどの作家がいるんですよね。
05 当時のハーモニカ長屋といわれてた、炭鉱住宅の模型をもとに、そこから映像を映し出すなんとも画期的な映像表現をされているちょっとしたシアターがあったり・・・。
04 同時に、この時は特別展ということで、仔どもの記憶と名売っての展示がされておりました。おぉ~懐かしい昔のファミコン、とかゲームウォッチ、たまごっち。聖子ちゃんのレコード。週刊誌とかいろいろ・・・。
22 うわぉぅ、艦長さんよろこびそうな、展示も・・・。っていうかすっかりこれみて大喜びでしたが。
08 昭和前期まで、坑内は、馬を使われていたそうです、そんな民芸品が展示されてたりします。うーん、すごいなぁ
06 歌志内市郷土館ゆめつむぎ

歌志内市字本町1027番地1

開館時間:9:00~17:00

定休日:毎週月・火
           (11月~3月は月~木、定休)
           祝日の翌日・年末年始ほか

入館料:高校生以上200円・中学生以下100円
           幼稚園以下無料・10人以上団体割引有

駐車場:20台

« 棗やに行ってきた | トップページ | 走れ!トロッコ!!~三笠トロッコ鉄道 »

ふらっとパシャッと@PEN E-P1」カテゴリの記事

コメント

そう言えば、炭鉱ってドラマや映画なんかの映像でしか見た事ないなぁと気づきまして

北海道大好き!を自称するからには、いつか本物を見るべき!と気づきました( ´∀`)

この博物館もいいですね~♪

歌志内かぁ~…気になる街になりました(・∀・)

>マッスルシスターさん
北海道には、このような炭鉱遺産がたくさんあります。
自身、北海道に住んでいて、もちろんこの土地が大好きなので
いろいろな、北海道の風景をご紹介したいのですが、このところ
とことん、趣味の世界にどっぷりはまっておりまして、かなり
突っ込んだ中身でお送りしておりますが、北海道の炭鉱は
それでも、日本の産業の発展の基本ともいえますから、殊に、
北海道開拓にはなくてはならない事業、そしてそれを遺産として
今に形として残るものがある。我々はそういうもの達を決して
忘れるわけにはいかない、と。これからも、マニアな旅を
していきます。
ちなみに、ここの街にはなかなかいい温泉もありましたぞ。

こんばんわ(^^)
歌志内、このまま行くとそのうち市全体が限界集落になってしまはないかと心配ですね。
先日、僕も三笠から夕張に仕事で向ったのですが、年々廃墟の住宅が増えていて、本当に心配です。

かつての炭鉱町が、何とか甦ってくれるといいですけどね。

>ブルースカイさん
確かに、空知あたりを走ると、昔ながらの住まいが
多いんです。実際、火事の後そのまま焼け残った
住宅とかもあったり・・・(最近、そういうニュースがあった
所!?)
でも、現存する炭住もまだまだあったり、
歌志内に関しては、市住もなかなか素敵な感じの
建物のものもあったりと、新旧が混ざった町並みでした。
そうですよねぇ、こんなに素晴らしい郷土館がある街です
からねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: る.る.る.そらちの大発見!その④~歌志内・郷土館ゆめつむぎ:

« 棗やに行ってきた | トップページ | 走れ!トロッコ!!~三笠トロッコ鉄道 »

最近の写真