« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月20日 (金)

エトワール賞(サウスヴィグラス賞)~プリティゴールド

2011051902

1200mにフルゲート14頭。4番人気のプリティゴールドは中央からの転厩馬でした。が、過去に門別に中央交流競走の際、2戦して2勝していたんですね。その時の鞍上は桑村騎手。コース適性は地元勢の馬達よりもあったということか。文句なしでねじ伏せました。

2011051904

次は、北海道スプリントカップかなぁ?

2011年5月 6日 (金)

コスモバルクお披露目!

2011050501
ホッカイドウ競馬、5月5日のメインレースは、新設重賞、第1回コスモバルク記念(コンデュイット賞)でした。結果はまた改めてですが、それに伴って、本日門別競馬場でそのコスモバルクのお披露目がありました。
 実に昨年度の引退式以来の、コスモバルクの登場。ホッカイドウ競馬から中央競馬で活躍し、シンガポールでの国際GI制覇など、世界をまたにかけたバルクのこれからの挑戦を含め、トークショーも行なわれましたよ。

2011年5月 5日 (木)

最後のアラブの雄~ザラストアラビアン

2011050402
ホッカイドウ競馬でもアラ系の重賞レースは2003年まで行なわれたんです。このザラストアラビアンは、日本で最後のアラ系単独重賞の最後を飾った勝ち馬。その仔が福山からホッカイドウ競馬に移籍してきました。その緒戦。久々のレース間隔、そして初のナイター競馬ということもあってか、結果は実力を出し切れないものでしたが、ザラストアラビアンの門別での挑戦がはじまろうとしています。

2011年5月 2日 (月)

北斗盃(ヨハネスブルグ賞)~パフォーマンス

2011042904  ホッカイドウ競馬開幕初日のメインレースは、3歳3冠の第一戦、北斗盃です。勝ったのはパフォーマンス。なんと、丁度1年ぶり、レースは2戦目にしての重賞制覇。

北斗盃 門別1200m 馬場状態は重。
パフォーマンス~父アッミラーレ、母プラチナウィンク、母父サンデーサイレンス
勝ちタイムは1:13:2でした。

丁度去年の開幕初日の新馬戦、スーパーフレッシュチャレンジを勝って以来の1年ぶりの出走で勝ち取ったタイトル。キャリア少ない上での強豪との対決、それも物ともせず見事勝ってくれました。次も大いに期待です。

2011年5月 1日 (日)

スーパーフレッシュチャレンジ~ウィナーズマックス

2011042902_2  日本一早い2歳戦は門別から。スーパーフレッシュチャレンジ。勝ったのは、単勝5番人気ウィナーズマックスでした。

スーパーフレッシュチャレンジ 門別1200m 勝ちタイムは1:14:5でした。

ウィナーズマックス~父アドマイヤマックス、母ウィナーズキャロル、母父ディアブロ

この日のメインレース、北斗盃を勝ったパフォーマンスも去年の同じレースを勝ちました。ここから大きいレースを次々勝ちあがっていって欲しいですね。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ついったー