« 門別・栄冠賞(フジキセキ賞) 予想 | トップページ | 大井・ジャパンダートダービー 予想 »

2009年7月 8日 (水)

栄冠賞回顧

Photo日本一早い2歳重賞、第34回栄冠賞。横一線のゴール前、真ん中から力強く抜け出したのは、単勝3番人気のオノユウでした。おめでとうございます!
デビューから無傷の3連勝。この勢いで月末のJRA札幌・ラベンダー賞から函館2歳Sを狙います。

Photo_2 オノユウ~父バブルガムフェロー、母オナーザミント、母父Honour and Glory
栄冠賞は1200m、勝ちタイムは1:14:2、上がり3Fは38.3でした。
この日の馬体重は前走から2キロ増えた524キロ。大きな体をまたちょっとだけ増やした姿は、さらに成長を感じさせる雰囲気で。他の馬たちより一回り大きな風体はやはりスケールを感じさせます。
2  勝利ジョッキーインタビューです。桑村騎手は、オノユウと共に重賞初勝利。ゴールした後引き上げて来た際には笑みもこぼれてましたね。
 昨年当時道営所属のイナズマアマリリスでJRA初勝利を上げ、今回は道営重賞勝ち。ホッカイドウ競馬の若手がついに本領発揮。次は、ラベンダー賞から函館2歳へ。中央重賞初制覇へ向けて期待がかかります。

栄冠賞上位5頭が今月25日のラベンダー賞に推薦されます。ラベンダー賞の地方枠がホッカイドウ4頭・他地区2頭の6頭。他地区からの出走がなければ、順次繰り上がります。今回上位に入った馬たちも有力な仔ばかり。今年の道営2歳勢も非常に楽しみですね。5着以内に入った馬たちはまた改めて。

« 門別・栄冠賞(フジキセキ賞) 予想 | トップページ | 大井・ジャパンダートダービー 予想 »

ホッカイドウ競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531266/45573901

この記事へのトラックバック一覧です: 栄冠賞回顧:

« 門別・栄冠賞(フジキセキ賞) 予想 | トップページ | 大井・ジャパンダートダービー 予想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ついったー