« 門別・北海道スプリントカップ(クロフネ賞) 予想 | トップページ | 大井・帝王賞 予想 »

2009年6月21日 (日)

北海道スプリントカップ回顧

Photo_8
ホッカイドウ競馬今季初の交流重賞は北海道スプリントカップでした。1000m戦にスピード自慢12頭が挑みました。Photo_6
ヴァンクルタテヤマ~父フォーティーナイナー、母フラワータテヤマ、母父ブライアンズタイム
勝ちタイムは0:58:7(レコード)上がり3Fは35.7でした。
壮絶なスピード勝負は、なんとレコード決着。逃げるスパロービートを直線捕まえると、そのまま突き放しました。やはりダート短距離では強かった!2

























引き上げてきた、ヴァンクルタテヤマと鞍上の藤田騎手です。
7歳でもまだまだ元気。北の大地での短距離戦。レコードという記録を打ちたて、門別1000mのレコードホルダーとして、その名を刻みました。おめでとうございます。Photo_7

これまた1000m戦は連を外したことのない、川崎のスパロービートも地方馬代表としての重賞制覇を挑みました。スタートダッシュも決まり、果敢の逃げでしたが、最後は、ヴァンクルタテヤマとガブリンに交わされ3着。
右回りの影響もあったかもしれませんが、健闘しました。最後の最後まで目の離せないレースでした。2_3
メインレース前、JRA騎手3名によるインタビューのイベントもありました。うーん、3人のダービージョッキー。でも、門別の夜、ちょっと寒そうでしたが、熱いレースで盛り上がった1日でした。

« 門別・北海道スプリントカップ(クロフネ賞) 予想 | トップページ | 大井・帝王賞 予想 »

ホッカイドウ競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531266/45403977

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道スプリントカップ回顧:

« 門別・北海道スプリントカップ(クロフネ賞) 予想 | トップページ | 大井・帝王賞 予想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ついったー